尾てい骨の痛み





ヒトは進化を繰り返す中で、失われていった体の機能が
100個以上あると言われています。

尾てい骨とは、その失われた機能の一つであり、
尾骨(びこつ)とも仙骨(せんこつ)とも呼ばれる痕跡器官です。



尾てい骨の痛みの原因

◆尾てい骨打撲
「スケートやスキーでしりもちを何度もついた」
「階段を落ちた」
こういったことでお尻を強打したり、繰り返して尾てい骨部分を打撲すると、
尾てい骨はあっけなく曲がってしまいます。そして痛みが出るようになるのです。
この状態を「尾てい骨打撲」と言います。

尾てい骨打撲では、押すなどすると痛みが出ます。
怖いのは尾てい骨打撲の後遺症です。
打撲で尾てい骨が歪み、肛門を圧迫して便秘を発症してしまいます。
また、打撲の際に仙骨まで歪みが出ると肩こりや腰痛まで出てしまうことになります。

◆尾てい骨痛(尾骨痛)
中高年の女性に多く見られる症状です。
イスに座る、歩いている時、排便時に尾てい骨の辺りに焼けるような痛みが出ます。
(尾骨痛はよく痔の痛みと間違われます。)

・原因
分娩、腫瘍

打った覚えもないのに尾てい骨に痛みが出た場合には、
痔もさることながら腫瘍などの重篤な病気の疑いもありますから、
病院できちんと検査を受けるようにしてくださいね。

◆尾骨神経痛
腰下肢神経痛の一種だと言われています。
痛みが出るのは会陰部・お尻・足・腰など。
症状が良性であれば神経ブロックという治療を行います。

リウマチやガンの疑いもありますので、しっかりと検査を行いましょう。

痛みは体からの異常のサインです。
見過ごすことのないように、検査は怠らないようにしましょう。

尾てい骨の痛みの治療・解消法

しりもちをついたことが原因の場合、病院で異常がないという診断が出たら、
お尻に負担がかからないような姿勢をとるなど、ひたすら安静にするしかありません。
整体やカイロプラクティックも少し痛みが落ち着いてから受けた方がいいようです。

妊娠が原因で尾てい骨に痛みがある場合、
妊娠初期であれば、トコちゃんベルトなどで骨盤を固定させてあげましょう。
または四つん這いで背中をそらしたり丸めたりといった動作を行うようにしてみてください。
少しは痛みが和らぐかもしれません。

原因が分からない場合であれば、早急に病院へ行きましょう。
腫瘍や神経痛が原因となっている場合もあります。

尾てい骨の痛みについて、もっと詳しく見てみる

下記のサイトでは、尾てい骨の痛みの原因や治療・解消法の他にも、
尾てい骨のひび・骨折や、妊娠との関係、痛みが取れない場合の処置方法など解説しています。

ぜひこの機会に、尾てい骨についての知識もつけてみてくださいね。

⇒【尾てい骨の痛みナビ】原因と治療




Copyright(C) 2011 【坐骨神経痛.com】症状・治療法・原因 Allrights reserved.