椎間板ヘルニア






60歳以上だと3人に1人が椎間板ヘルニアを発症しています。

坐骨神経痛の原因になる代表的な疾患であり、
片側もしくは両側に坐骨神経痛の症状が出るようになります。



椎間板ヘルニアとは?

椎間板というのは背骨の関節にかかるであろう衝撃を和らげる
いわばクッションの役割を持っています。

その椎間板が骨と骨に押し潰されてしまい、
椎間板の一部が飛び出した状態を「椎間板ヘルニア」と言います。

飛び出した椎間板が神経を刺激することによって、
すべての人に忌み嫌われる症状を生み出すことになるのです。

椎間板ヘルニアの症状

「足の感覚がマヒする」
「くしゃみや咳をするのが辛くて仕方ない」
「腰痛」
「ふくらはぎ、お尻、太ももの裏側がしびれたり痛みが出る」
「排尿・排便障害」
「立てなくなる」
「歩けなくなる、歩きづらい」


ヘルニアが出る部分によって、上記のような症状の出方が変わります。

健康な椎間板であれば、クッション代わりになるほどの部位ですからたっぷりと水分を含んでいます。

しかし、様々な理由で椎間板から水分が出ていくようになると
椎間板ヘルニアを引き起こしてしまうようになるのです。

椎間板ヘルニアを防ぐには?

椎間板ヘルニアを発症する最大の原因は長時間とる「同じ姿勢」です。

デスクワークなど、長時間同じ体勢でいると椎間板に圧力がかかり続けてしまいます。
これにより椎間板の血行が悪くなり、椎間板が潰れる。

椎間板ヘルニアの発症。
この流れになってしまうんですね。

ですので長時間同じ姿勢を取らないために、仕事であれば少し休憩を取って歩いてみたり
家にいるのであればストレッチを行うなど意識して体を動かすことが大切です。

あとは
「体をねじる場合には無理な体勢で行わない」
「重い物を持つ時は姿勢に気をつける」

こういったことも意識しましょう。

また普段から筋力をつけておくと椎間板ヘルニアは回避しやすくなります。



Copyright(C) 2011 【坐骨神経痛.com】症状・治療法・原因 Allrights reserved.