帯状疱疹






帯状疱疹(ヘルペス)はウイルスが原因の坐骨神経痛です。

免疫力が下がると発症し、
50代〜60代そして20代・30代の方にも多く見られます。



ヘルペスとは?

小さい水膨れが集合した状態で「帯状疱疹」「単純疱疹」の2種類です。

帯状疱疹は水疱瘡(みずぼうそう)にかかったことのある方なら誰でも発症する可能性があり、
日本人だと7人に1人がかかるポピュラーな疾患です。

帯状疱疹の原因は水ぼうそうのウイルス

子供の頃にほとんどの方がかかる水ぼうそう。
病院で治療して水ぼうそうは跡形なく消えてしまいます。

しかしウイルスはずっと成人しても体の中に巣くっています。
隠れ場所は知覚神経の中。
ただ体内に水ぼうそうのウイルスが残っていると言っても心配することはありません。
水ぼうそうにかかった時に免疫記憶細胞が作られているからです。
これがウイルスの爆発的な増殖を抑えてくれているのです。

しかしこの免疫記憶細胞は、およそ20年でほぼ無くなってしまいます。
ですから20代・30代の方に帯状疱疹が増えているんですね。

帯状疱疹ができることでまた免疫記憶細胞は作られますがまた20年後にはその数が減ってしまう。
だから再び50代から60代になってから帯状疱疹を発症してしまうということなのです。

また、免疫記憶細胞が減る頃にストレスを抱えていた
疲労が蓄積している状態であれば免疫力は低下しています。

こういった場合だと帯状疱疹を発症する可能性が更に高くなるということになります。

帯状疱疹の症状

・ぴりぴり・ズキズキした強い痛み
・小さな水ぶくれが時間の経過と共に膿を持つようになり、それが破けて潰瘍に変化する。

症状が出るのは顔・背中・お腹・胸などです。

早期治療が必要な訳

帯状疱疹の痛みは強いので我慢する方はあまりいないと思われますが
変化に気づいた時点で病院を受診することをおすすめします。

治療が遅れれば「帯状疱疹後神経痛」という後遺症が出る場合があります。



Copyright(C) 2011 【坐骨神経痛.com】症状・治療法・原因 Allrights reserved.