症状





『坐骨神経痛』は坐骨の神経が
圧迫されることで出る神経痛を総称したものであり、
病名ではありません。

症状が出るのは「下肢の外側」「臀部」「大腿の後ろ側」。
非常に鋭い痛みが走る症状として知られています。



坐骨神経痛の症状

・腰痛
・臀部の痛み
・太腿、足の裏のしびれ・痛み
・椅子に座っていると下肢やおしりに痛みが出る
・痛みが出て歩行困難になる

・痛みで立っていられなくなる
・足に力が入らない
・だるさなど下肢に感覚異常がある
・姿勢によっては、足の痛み・お尻・太腿に痛みが出る
・足裏の皮膚が肥厚したような気がする

・排便もしくは排尿の異常を感じる
・足からお尻にかけて"ひきつれ"を感じる
・足裏がじりじりした感じがする
・前かがみになると楽になるが腰をそらすことは痛くてできない
・靴下やズボンを履いていると痛みがある


坐骨神経痛の症状は坐骨神経が圧迫されている部位によって症状が変わります。
特に激しい運動をしてもいないし安静にしているにも関わらず
「圧迫されたような痛み」・「鋭い痛み」・「放散痛」が見られます。

坐骨神経痛の症状を持っている方は長時間歩くことは避けた方がいいですね。
それが原因で痛みやしびれが出ることがあります。

坐骨神経痛で気をつけること

上記のような坐骨神経痛の症状が長期間続いたり、
失禁、麻痺があるようであれば整形外科を今すぐ受診してください。

深刻な病気が坐骨神経痛の症状の裏に隠れているかもしれません。



Copyright(C) 2011 【坐骨神経痛.com】症状・治療法・原因 Allrights reserved.