予防するには?




坐骨神経痛を予防するには「腰に負担をかけないこと」
これが大前提です。

一度坐骨神経痛を発症すると簡単には改善されません。
ですから『予防』はとても大切なのです。

では、坐骨神経痛の予防法を見ていきましょう。



坐骨神経痛を予防するには?

「重いものを持たないようにする、持たなければいけないのなら持ち方・姿勢に注意する」
「無理な姿勢で腰をねじらない・動かさない」
「腰を冷やさない」
「中腰での作業は行わない」
「体重管理に気をつける」
「食べものは片側だけで噛まない」
「イスに長時間座る場合は、左右のお尻に均等に体重をかけて座る」
「バッグをいつも同じ側の手で持たない、肩にかけない」


普段の生活の中で「坐骨神経痛を防ぐ」という意識を持ち続けることは大切です。
この意識の有無で坐骨神経痛の発症のリスクが変わります。
それだけ意識が大切だということですね。

また、前述している予防法の中の体重管理。
これも坐骨神経痛を防ぐには非常に大切な事柄です。

肥満は腰痛、生活習慣病などありとあらゆる病気を呼び寄せます。
徹底した自己管理が必要です。

そして運動も日々の生活の中に取り入れていきましょう。
筋力が上がれば腰痛が出ることは非常に少なくなっていきます。

ウォーキング、水泳などがおすすめですが、忙しくて時間が取れない方は
寝る前にストレッチをするだけでもまったく違います。

坐骨神経痛を防ぐために出来ることから始めましょう。



Copyright(C) 2011 【坐骨神経痛.com】症状・治療法・原因 Allrights reserved.