腰痛、ぎっくり腰




腰痛と言えば「ぎっくり腰」。
経験された方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

ぎっくり腰は本当に辛いものですが、無理をすると
『坐骨神経痛』や『脊椎管狭窄症』『椎間板ヘルニア』
などのなかなか改善しづらい深刻な病気まで
引き寄せてしまうことになります。



ぎっくり腰の原因

・重労働
・重いものを持ち上げる
・腰をひねってしまった



ぎっくり腰を発症すると、腰をそらしたり曲げたりすることが困難になります。

絶え間なく続く腰痛。
寝返りを打っても何をしても腰や臀部が痛く、激痛が続く人もいます。
ぎっくり腰を発症して3日間ほどは腰痛に加えて発熱する状況が続きます。

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰の一番の治療は「絶対安静」です。

「仕事が忙しい」
「痛みは我慢できる」
「痛み止めを使うから大丈夫」

多くの人がぎっくり腰になった後無理をします。
結果、神経痛である坐骨神経痛などを発症してしまうんですね。

ぎっくり腰は上記で述べたように重い物を持つことなどが原因になるケースも多いのですが、
運動不足による筋力の低下も大きな原因の一つです。

「適度な運動」を行っているといろんな病気のリスクを大きく減らしてくれます。
ぎっくり腰もそうですし、生活習慣病や便秘なども該当します。

例えば「電車一駅分歩いてみる」、これだけで随分と違うものです。



Copyright(C) 2011 【坐骨神経痛.com】症状・治療法・原因 Allrights reserved.